FC2ブログ

Home > セラピー実例 記事一覧

セラピー実例 記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ワギニスムス・性交痛の治療 その2

初めてのセラピー

rose_heart_white_red_flower.jpgワギニスムス・性交痛の治療 その1の続き。

沙奈恵さん【悩み:性交痛】の初めてのセラピーの日が来た。先日の面談の日以降、何回か電話でのやりとりが有り。面談から丁度一週間たった今日、はじめてのセラピーを行うことになった。

セラピーを行う際に重要なのが場所(環境)です。
私の場合、良く使うのが自分の自宅。相談者の自宅。シティーホテル。ファッションホテルの順になると思います。
基本は、セラピストの自宅か相談者の自宅がベストだと考えています。なぜかと言いますと、セックスセラピーの治療に関しては最初から最後まで同じ場所でセラピーを行える事が理想です。悩みの多くが心意性の問題が多いですから、悩み以外に精神的な変化や圧力を極力避けたいからです。それと、やはりホテルは非日常の空間ですからセラピーが進んできた時に「ホテルだったら大丈夫だったけど…自宅ではやっぱり緊張して出来ない…」などと言うことも往々にして起こりえます。
ですから安定して同じ環境でセラピーを行うと言うことでセラピストの自宅か相談者の自宅がベストではないかと考えます。
※もちろん相談者に双方の自宅で行うことへの不安(特に既婚者でパートナーがセラピーを知らない場合)などが有る場合はその限りではありません。

自宅で行うセラピー

今回のセラピーは、彼女の自宅で行うことになった。場所は市内北部の住宅街にあるファミリータイプのマンション。3LDKほどあるだろうか、女性のひとり住まいとしては十分な広さがある。
家を尋ねると彼女はリラックスした感じで私を迎えてくれた。
「お邪魔します。」
「どうぞ、どうぞ。散らかってますけど…入って下さい。」
「すごく、良い家ですね♪私の家より余裕でデカイしw」
「そんな事ないですよ~」
などと取留めの無い会話をしながらリビングに通してもらう。窓の外には、目の前の公園の木々が見え鳥の声が聞こえる、爽やかな風が心地良く室内に入っていた。
リビングは20畳ほどは有るかと思う。広くゆったりとした室内に小さめのリビングテーブルとテレビ、ソファーなどがバランス良く配置されていて見ているだけでも快適そうな雰囲気を感じる。
リビングテーブルの上にお願いしていたセラピーの道具が綺麗に並べられていた。
彼女には、セラピーを行うに当たってある程度用意するものを伝えてあった。
用意してもらった物
  • テーブル
  • イス(2脚)
  • テーブルライト(電球色の物)
  • アロマオイル(リラックス出来る好みの香り)
  • ロウソク
リビングに案内されるとソファーに座りながら、今後のセラピーの進め方やどういった事をするのか説明をはじめた。
「緊張してますか?」そう彼女に聞くと「いやぁそれほどw」と明るく返事が帰ってきた。
「じゃあセラピーの説明を始めますね」
「セックスセラピーと言っても、常に裸でセラピーを行ったりしないので、これからセラピーの時には、リラックス出来る服装で待っててください。そのまま寝れるような服装がベストですね♪寝間着でもいいですよ^^」
「それじゃ、今日も含めてセラピーの流れを簡単に説明しておきますね」
「いくつかの段階を踏んでセラピーを進めて行くんですが、大きく分けると5段階あって、それを順番に進めていきます。」
  • 手の確認(ハンドマッサージ)
  • 身体の確認
  • 感覚の確認
  • 性感の確認
  • 最後の確認
「って言った感じです。どの段階が何回とかって言うんでは無くて、様子を見ながら段階を進めて行きますね。」
「じゃあ、今日は最初のセラピーなんで「手の確認」をします。準備をしますね♪このリビングを使わせてもらって大丈夫ですか?」
「ハイ♪ここで問題なければお願いします。」
「それじゃ、ちょっとテーブルとか移動させてもらいますね。その間にリラックス出来る服装に着替えて来て貰ってよいですか?なるべく身体を締め付けない楽な服ならなんでもOKなんで^^」
「お手伝いしなくて大丈夫ですか?わかりました♪」そういうと彼女は隣室に着替に行った。
リビングテーブルが手頃な大きさなのでそのまま使えそうだったので…テーブルを室内の中央に移動させてテーブルをセッティングする。
テーブルライトを使えるようにし、持参したバスタオルをテーブルにひく、アロマオイルなどを手に取りやすい位置にセットしたら準備完了である。室内の天井灯が調光の出来るタイプなので今回はロウソクは使わないことにする。
「すみません。お待たせしました。」彼女がリビングに戻ってきた。ゆったりとした、水色のロングのワンピースを来て戻って来た彼女は、そう言いながらテーブルの上をチェックしている。
「これだけで良いんですね?」
「今日は最初なんで、ハンドマッサージをさせて貰うだけですから^^」
「マッサージとか行ったりする?好き?」
「たまにネイルしに行ったときにマッサージしてもらうくらいですね~好きですよ♪」
「ネイリストの人ほど上手くないかもしれないですけど…ではマッサージしますか^^」
「はーい。お願いします♪」

『ワギニスムス・性交痛の治療 その2』の記事の全文を読む

ワギニスムス・性交痛の治療 その1

痛くてSEXが出来ない

rose_heart_white_red_flower.jpg 女性の性機能障害で最も多いのが性交痛・ワギニスムスです。
ここでは、以前セラピーを行った実例を元に実際の治療の段階を紹介したいと思います。
性交痛・ワギニスムスの治療は当セックスセラピー入門で推奨する積極的な行動療法がもっとも効果的で成果が確認しやすいセラピーの一種である。

相談者は以前に数度会った事のがある24才の女性。数回顔を合わせた程度なので特別な信頼関係なども無いので安心出来るコミュニケーションを取る所からスタートしたので実例として丁度良いと思い本人の了解を撮りここに掲載することにした。

【相談者】
名前・鈴木沙奈恵(仮名)
年齢・24才
身長・155cmくらい

【相談内容】
翌年に結婚を予定している彼氏とSEXが出来ない。挿入しようとすると膣の入口あたりに引き裂かれるような痛みが走りSEXすることが出来なかった。以降、何度か試みてみたが痛みが激しく、徐々に彼氏も求めてこなくなり一緒にベットに入っても性交には至らなくなった。

という内容で相談をうけ一度あって詳しい内容を聞きセラピーを行うようになった。

『ワギニスムス・性交痛の治療 その1』の記事の全文を読む

Lesson01:手の愛撫で心を通わせる

心を通わせるハンドマッサージ

body_hand_light.jpg 初めての相談者とのセラピーを行う際にもっとも注意をしなければイケないのは、相談者をリラックスさせセラピストが個人として信頼を勝ち得ることであります。
もちろんこの段階では、カウンセラーによる通常の面談・面接の段階を経てセラピーに入ってる訳ですが。
カウンセラーからセラピストに相談者を任せられ初めて相談者と二人で治療を進めていく初期の段階で、このハンドマッサージは大変心理的効果があります。
手をマッサージする行為によって自然なスキンシップを図ることが出来、お互いの距離を縮め相談者を警戒させることなく異性を意識させる事が出来ます。
※森山はハンドマッサージを初期段階のコミュニケーションとしてだけでなく、毎回のセラピーの導入部として活用する事を推奨しています。

用意するもの…

  • リラックス出来る空間
  • 温かい飲み物
  • マッサージオイル(アロマオイル)
  • ホットタオル

『Lesson01:手の愛撫で心を通わせる』の記事の全文を読む

Index of all entries

Home > セラピー実例 Archive

タグクラウド
検索フォーム
リンク元サイト一覧

Ferretアクセス解析
RSSリンクの表示
ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ
BBS7.COM
MENURNDNEXT
レンタルサーバー
QRコード
QR
THX Link
画像提供 FreePhotoCepolinaPhotos
参考文献 Wikipedia

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。